AQUAJAM

CO2って?

by on Nov.27, 2010, under 商品, 知る


水草水槽で、ライトが必要だということはわかりましたが、植物が光合成するのに必要なのは、日光と二酸化炭素ということで、”CO2”を添加するようです。

CO2を添加するには、いろいろの設備が必要ですので、一応並べてみましょう。


1.CO2ボンベ
液体CO2が入ったCO2ボンベ

2.ボンベスタンド
ボンベの底が丸いので、倒れないように支えるスタンド

3.レギュレーター
ボンベの中にはCO2が、圧縮されているので、
ボンベ内の圧力を水槽に送るように調整する装置

4.バルブ/電磁弁
四六時中、光合成をさせるわけではなく、1日6~8時間程度と時間を決めていくので、
必要のない間、CO2の添加を止めるものがバルブと呼ばれるもの
電動で止めることのできるものが、電磁弁

5.スピコン
CO2の添加スピードを調整するためのもの

6.耐圧チューブ
ボンベから、逆流防止弁までの間を繋ぐ高圧に耐えれるチューブ

7.逆流防止弁
CO2の添加停止時に、水槽からの水がボンベの方に行かないようにするための弁

8.エアチューブ
逆流防止弁からは、高圧でなくなっているので、そこから水槽までを繋ぐ際にはこのエアチューブでOK

9.ガラス製ジョイント
水槽の縁を跨ぐ時に、チューブの折れ曲がりを防ぐためにつける、U時に曲がったガラスの管

10.CO2拡散器
最後に、CO2を細かい泡にして、水に溶けやすくするため、拡散する器材

と、まぁとてもたくさんあるので、揃えるのが大変そうですが、先日水槽を買ったオンラインショップチャームでは、セットで売ってます。

さらにゆくと、このボンベのデカイ版、“ミドボン”というのがあるらしいですが、それは追々。

↓↓↓是非Clickをお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村