AQUAJAM

つくる

こうなったら、リシアでトンネルを造ります。

by on Apr.02, 2011, under つくる, レイアウト


なんか、リシアの丘がとてつもなくでかくなってまいりしました。
(continue reading…)

1 Comment more...

リシアで丘を作ります。

by on Mar.28, 2011, under つくる, レイアウト


結構育ってきたので、本格的に何かしようと思い。
丘を作りました。

盛り上がったリシアの中に適当に、石を置いて丘を作ってみました。

Leave a Comment more...

山ができました。

by on Mar.24, 2011, under つくる


リシアで山ができました。
丘を作る予定でしたが、なんと山になってしまいました。

そうか、そういうことも起こるのか…。というか育ち過ぎ…。

Leave a Comment more...

リシアがどんどん育ってきた

by on Mar.20, 2011, under つくる


リシアがものすごく育ってきました。
きれーですね〜。
気泡もいっぱいついてとても美しいです。

しかし、このまま何処までもり上がってくるんだろう…。

Leave a Comment more...

節電対策をします

by on Mar.16, 2011, under つくる


まずは、先日発生した東北地方太平洋沖地震により、
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様とその家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

現在関東では、計画停電が行われています。電気の消費を抑えるために、水槽関連の消費電力の見直しを行いました。
(continue reading…)

Leave a Comment more...


サザエ石巻貝です

by on Feb.24, 2011, under つくる, 知る


※写真は、ガラスの映り込みで、少し幻想的になっています。

前日、石巻貝1匹がなくなってしまったので、ガラス掃除要員として、サザエ石巻貝を6匹追加します。

サザエ石巻貝は、石巻貝よりも丈夫で長生きらしいので、今回はこのサザエ軍団にがんばって掃除をしてもら覆うと思います。

Leave a Comment more...

レイアウトに奥行きを作りたい2

by on Feb.21, 2011, under つくる, レイアウト


さて、先日の計画どおりに実行してみましたが…。まだまだですね。イメージ画の通りに並べてみたのですが、写真に撮るとやっぱり平面ですねぇ。もちろん写真の撮り方を工夫する必要はありますが、もっと奥行きをつけたいと思います。
(continue reading…)

2 Comments more...

オトシンクルスとオトシンクルス・ネグロ!!

by on Feb.21, 2011, under つくる, 知る


オトシンクルス3匹とオトシンクルス・ネグロ1匹が入りました。
(continue reading…)

Leave a Comment more...

レイアウトに奥行きを作りたい

by on Feb.18, 2011, under つくる, レイアウト


そう、奥行きが作れていない気がする…。
水草を育て始めて、コンテストの話をしてやっと、本格的にレイアウトの話になってきました。時間がかかった…。
水草を育てる前に、いろいろとレイアウト案なんかを書き記していたんですが、水草の育ち方、むしろ種類すらわからない状態で、何を描いても、どうもっていっていいのやらわからなかったんですが、最近ようやく、草を知り初めてきてどれくらいの時間でどのくらい成長するのかというのが、ものすごーくうっすらわかってきた気がします。
そこで、初心に戻りレイアウト案からスタートすることにしました。

ただし、ここで条件を設けます。
1.今ある水草を利用する
2.新しいもの(流木や、石など)
3.魚が泳ぎやすくする

この条件に基づき色々考えてみることとします。

1.今ある水草を利用する
これは、無駄を極力なくすという意味もありますが、せっかく覚えた成長過程を知っている草をミスミス減らす必要はないからです。

2.新しいもの(流木や、石など)
新しいものを入れることで、変化をつけることは用意です。
ただここは、小さな生態系。入れる石やまだ水に馴染んでいない流木を入れることで、水質が変化してしまいます。
現在生物がいる環境を容易に破壊しかねないので、よっぽどのことがない限り、現状の素材を活かして工夫することとします。

3.魚が泳ぎやすくする
実は、はじめ水草コンテストの応募を考えたとき、「魚はいいや」と思っていました。
水草をレイアウトをすることが目的であり、魚はいらないと(ほんと極端…)思っていたので、
魚の泳がせ方まで木をつけていませんでした。
しかし、実際に飼ってみて魚を泳がせていると、魚の動きが不安定なことに気がつきました。

水草水槽で、「自然界のワンシーンを切り取ったレイアウトをしよう」と思っていた内容に不自然というのはよくありません。
そこで、3番目のこの泳がせ方というのもとても重要になってくるのです。

で、考えた案はこちら。

奥行きをもたせるための施策が入っているものとして、いい感じに伸びてきた左前のリシアを、丘っぽくできればと。


真上から見た図


さて一体できるのか。
乞うご期待。

2 Comments more...